MENU

メンタル因性早漏

早漏,胸因性早漏

 

内因性の早漏の方法としては、性行為に対しての熱意規模を引き下げる事が必須だ。

 

女性の体調に対して熱意をしてしまうのはダディーである以上仕方ない実態なので、その興奮度のマネージメントが重要になってきます。

 

それには前もって、自慢の熱意平均を把握する事が必要です。

 

熱意平均

①【従来後片付け】
②【半上がり後片付け】
③【勃起後片付け】
④【射精に向かう勃起後片付け】
⑤【射精目前の勃起後片付け】
⑥【射精後片付け】

 

射精までになる勃起の後片付けに関しても、何だかんだポイントがありますので、そのポイントにおいて少なく射精してしまう後片付けを意識する事で至極なると思われるので、まず意識してやってみても良いかもしれません。

 

早漏,胸因性早漏

 

④以降になると直ぐ射精してしまう状態ですから、③以下に抑えていれば射精諦める後片付けをキープできます。

 

③内はマネージメントでき易い後片付けなので④になってきたらちょこっと作用を緩めてみても良いかもしれません。

 

射精を我慢するには、長くブレスを吐く時刻を作るという良いようです。

 

ブレスを吐くといった副交感神経が活性化され射精を遅滞させる事ができるようだ。

 

交感神経というのがあり、これが活性化されれば射精しやすくなり、副交感神経が活性化されると射精しにくいといわれています。

 

悪化性早漏の方法

早漏,胸因性早漏

 

悪化性早漏の原因は、射精を食い止めるための筋肉です、射精閉鎖筋が衰えてしまって掛かる実態だ。主に年齢などで起こります。

 

ですので、その射精閉鎖筋を鍛え治す事で改善達するものになります。

 

但しこういう筋肉は自ら鍛えられないのです。

 

その代わりに射精閉鎖筋という連動している端末筋というのを鍛えれば改善に通じるのです

 

端末筋トレーニングのやり方

こういう端末筋を強めるというのは、射精をコントロールできる筋肉なので、非常に効果系だと言われています。

 

因みに整備運動をするって効果系だと思われます。

陰茎をあたためる

陰茎を様々な道筋、引っ張りストレッチング

ローションを塗ってマッサージする事で血行促進

 

早漏,胸因性早漏

 

端末筋トレーニング

①約5秒 のほほんと肛門を締める
②約5秒 そのときのとおりゲット
③力を抜いて気晴らし

 

これを粘り強く10回繰り返します。これを日帰り4一式やってみてください。

 

座ってもできますので、内勤においても問題ありません。

 

頑張れば2週くらいで成果が現れるという、これは有名なやり方だ。

 

まさか間抜けなトレーニングに思われがちかもしれませんが、これを根気よくやっていけば、鍛えられて射精を終わる事ができ易いとされています

 

以外がその原因に合わせた解消法をご紹介してきました。

 

各種方法で早漏の改善はできます。

 

但しなかなか意識しても、トレーニングを通じても改善がない場合は、早漏治療薬が様々な賜物として販売されています。

 

個人輸入仲立ちで手軽に購入できますので、トレーニングなどをしながらも一旦そっちに頼ってみても良いかもしれませんね。

 

早漏TOPページにもどる

このページの先頭へ